エッセンシャル思考とサラリーマンの仕事とリスクとか

先日twitterで、エッセンシャル思考という本を紹介している方がいらっしゃったので、早速kindle版を買って、(さわりの数ページだけですが)読んだら、「最近感じていることと近いことが書かれているな」と感じ、久々に収益報告記事以外のブログを書きたくなりました。

ほとんど読んでいない人間が解説するのもどうかと思いますが、「エッセンシャル思考」の冒頭では、次のようなことが重要だと書かれていました。

  • 本当に大事なことをやる
  • 力を分散させない
  • 効率的にやるのではない。大事なものを決めて突き抜ける。それ以外は捨てる

私がある意味アフィリをやり始めるきっかけになった本、「週4時間」だけ働く。という本に近いものを感じます。

私はアフィリでもそうですが、最近のサラリーマンの仕事の方で特にこれを実感しています。

エッセンシャル思考とサラリーマンの仕事と

私のサラリーマンの会社は結構古い会社でして、なかなか新しいことに対してのハードルが高く、新分野の商品などには否定的なことがほとんどです。
曰く「うちの仕事(ジャンル)じゃない」「市場が小さい」「リスクが高い」「リソースが足りない」などなど、ごもっともなんですけどね。

一方で業界的には、成長が止まってしまい、他社の業績も厳しくなり、その事業をたたんでしまう会社も出てきています。ウチもめちゃめちゃやばい状況。
それでも、やはり開発は既存商品に手を加えるに止まっています。

既存商品の開発はそれはそれで必要なのですが、そこを頑張ってもこれ以上儲けることは難しいというのが、わたしのこれまでの経験からの印象で、これは「本当に大事なこと」ではないなと。

わたしたちにとって「本当に大事なこと」は、きっと新しい商品(せめて切り口だけでも)か、新しい商売をすることだと思うんです。
そんなわけで、最近では周りの人たちと、新しい商品の開発や新しい売り方について、新しい提携先など巻き込んで仕事してます。周りに白い目で見られますし、いろんな人からは怒られてますけどね。

また、こういう仕事は失敗確率も高いので、優しい上司からは評価が下がるから「他の仕事を抱えてリスクを分散させろ」と言われます。しかし「力を分散させる」とやっぱり推進力や熱が落ちてしまいます。

それで、「大事なことを決めて、それ以外を捨てる」ようにして、歯を食いしばって頑張っていたら、少しづつですが、光が見え始めてきましたし、周りの人たちの意識も少し変わってきたような気がします。

高いリスクをとると、そういうのがすごく好きで強く応援してくれる人が出てくれたり、「ノリ」がいい人たちと出会うことができるっていうことを知れたのは大きな収穫でした。

こんだけやってだめだったら、その時は会社が悪いと見限ってやめるかもしれませんが、できるところまでは頑張ってみようと思っています。

そんなわけで、エッセンシャル思考をもう少し読み込んで、うまいことサラリーマンの仕事に生かしていきたいです。
どなたか忘れてしまいましたが、紹介ありがとうございました。

アフィリエイトとリスクと

話は変わって、「アフィリエイトもいつ終わるかわからない」とかいうも心配ありますね。
わたしのサラリーマン仕事の業界も昔はよかったです。業界が成長している時は。
成長がストップしたら、ほとんどみんな儲からなくなりました。

こういったことはアフィリでもあり得ることかもしれません。

ちなみに、今生き残っている会社は、「他業種でリスク分散している会社」「他事業をメインに切り替えた会社」「デザインに特化した会社」「ある商品に特化した会社」「安売りの会社」です。

以前のままの延長線上で生き残っている会社はありません。

つまり、広げるか、切り替えるか、尖るか、こういったところに生き残るヒントがあるのかもしれませんね。

わたしのサラリーマンの会社はリスクを取らなくなったり、リスクの取り方を失敗したので、凹んでしまいました。

アフィリエイトの未来がどうなるかはわかりませんが、わからないことについて悩んでいても仕方ありません。
危機感を持っている人こそ、生き残るために、どんどん自分なりのリスクを取っていきましょう。

一番リスクが高いのは何もしないことです。
わたしもアフィリのリスクの取り方が甘いと最近感じていますので、アフィリの方も頑張ります!

では、また。

IMG_0110

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ