更新頻度が検索順位に影響しているかも

弱小アフィリエイターながら、SEOなどについても記しておこうと思う。
皆さんの何かのヒントになればありがたい。

最近ではペンギンアップデートがあったり、また6/6頃にも何かしらのアルゴリズム変更があったのでは?ということで、何かと順位の変動が大きかったりするようだ。

私の管理しているサイト達も上がったり、下がったり、変わらなかったりだ。
収益という面では、稼げているサイトが少々順位を落としたり、ロングテールが拾えなくなっていたりで、状況的にはあまり良くはない。

それらを見ていて少し気づいたことがあるので、記録しておきたい。

順位を上げたサイト達

順位を上げたサイトは、基本的に日本語ドメインでリンクをブログから数本貼っているサイトである。またそれらは新規ドメインで、取得から数ヶ月のものである。

現在、月間検索ボリュームが数千のキーワードの20-30位に入り込んで順位をジリジリと上げてきている。

ちなみにそのブログやリンクの貼り方も色々と研究中だが、リンクの数はあまり重視されないのかもしれないという感触もある(よくわからないけど)。

順位を下げたサイト達

順位を下げたサイトは、1年以上経過したサイトで、特に本日順位を急降下させたサイトは、ろくに更新もしていないサイトであった。

安定的にUU50、順位10-20位程度で安定していたサイトなのだが、ガクンと順位とアクセスを下げた。

正直収益にはほとんど寄与していないサイトなので痛くはないのだが、収益アップのためにコンテンツなどを追加しようと手配していた矢先だったので驚いた。

また別サイトでも更新頻度の高くないサイトや、更新の小さなサイトでは状況が芳しくない。

やはり更新頻度が検索順位に影響しているのは本当らしい。というのを身を持って知ったので、これからは一定の頻度で行うようにしたい(しかし大きく更新したりしてサイトを飛ばしてしまったこともあるんで、そのへんの加減もあるのかな)

本音を言えば、更新とかサテライトサイト作りってテンション上がらないから、新サイト作るほうが好きなんだけど。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ