2013/05/11 住太陽さんのセミナー@大阪に参加して来ました

大阪にて開催された、「Webクリエイターに足りない本当のSEOスキル」と題された住太陽さんのセミナーに参加して来た。対象はWebクリエイターということで、現在弱小アフィリエイターの私は若干居心地の悪い感じを受けながらも、かなり多くのことを学ばせてもらった。

弱小アフィリエイターから見た住太陽さんの語る「SEOマインド」

「SEOスキル」ということでしたが、「被リンクがどうの」とか「メタタグがどうの」といった細かい技術について語られるセミナーではなかった。そもそもSEOは技術ではないというのが、主張されていたことのように思われた。

とにかく「検索エンジン」でなく「検索者」への最適化を行なっていかなければならない、と。種々の技術は真似がしやすい(もちろんやらないよりはやった方がよいとも)。さらにそれらの技術はアップデートの際に、消えて無駄になってしまうものだと。

「突出した魅力のある」コンテンツはなかなか真似できず、どんどん蓄積していくので資産になるという表現もされておられた。またその際、圧倒的に「美しい、おもしろい」は難しいが、「詳しい、正しい、わかりやすい」なら目指せるだろうということもおっしゃられていた。また、とにかく訪問者を最大限もてなすことが大事だということも強調され、コンテンツの質や量は専門家としてのプライドをかけて取り組むべきだという件では、だいぶ熱くなられていた。

またtwitter、facebookからの集客は今最もホットなとこらしい。これも取り入れるような施策を考えていきたいと思った。

弱小アフィリエイターが今すぐ取り入れるべきと考えたこと

「他サイトよりも正確、詳しい、丁寧でなければ恥」という気持ちはやはり重要だろう。副業アフィリエイターと言えど、人様に見ていただくものを公開している以上、プロ魂をもって取り組むべきだ。

私も初心を思い出して、また最近作成したサイトたちを思い出して、大いに反省した。確かに最近では、順位がどうとか、被リンクがどうとか、そういうところばかりを気にしていたような気がする。順位やそれを上げるための施策はもちろん必要だが、そこだけに注力すると訪問者が見えなくなってしまうなと感じた次第。

徹底して訪問者の気持ちを考えたコンテンツを作るというのは、稼いでいるアフィリエイターさんに共通して言えることだと思う。私が参加している勉強会の諸先輩方は、皆さん「訪問者はこう考えているだろうから」などという視点でサイトを構成されておられる。この視点をもう一度強く持つ必要があると再確認した。またその際、「訪問者の文脈」で内容を構築することにも注意したい。

また専門家になるために、ニッチな分野で情報発信(情報サイト)を行うことも進められていた。自分の幅を広げるためにも、これもぜひ取り入れて行きたい。

まとめると

自分に足りないものはプロ根性と訪問者視点だ。これが私が月数万円でうろついている原因のような気がする。壁を乗り越えていくためにも、住さんに教わった「SEOマインド」を醸成して行きたい。

ちなみに、セミナーでの住さんの印象は、情熱的なプロフェッショナルという感じだった。お話のされ方も面白く、心に訴えかけるのがとても上手な方だなと思った。機会があればまたお話を伺ってみたい。

ちなみにこのセミナーに関して詳しい内容は、他サイトさんでレビューされておられる。そちらを読んだほうがわかりやすく詳しいと思うので、ご参考までにどうぞ。

http://whitehatseo.jp/motoharu_sumi-seminar-osaka/
http://webutubutu.com/seo/1758


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ