バナープラスを2週間ほど使用してみての感想・レビュー

こんばんは。今月はなかなか出だしがよいのと、金曜日という開放感も手伝って、たまには収益報告以外の記事も投稿しようと思います。

今回は、株式会社SEMライダーさんが手がけられている「バナープラス」を2週間ほど使用した感想を紹介します。

私が、バナープラスを購入した理由

このサイトを御覧頂いたらわかるように、基本的に私のサイトは味もそっけもないものになっています。面倒くさがりという性格も手伝って、なかなかヘッダー画像やらデザインに力が入らないでいました。

最近、1年ほど前に作成したサイトの見直しを行っているのですが、まぁひどいもんです。サイトの顔であるはずのヘッダー画像はごちゃごちゃしているか、シンプル過ぎているか、まぁ早い話がセンスが無いんです。

アフィリサイトでは、デザインへの注力は不要と思っていましたが、これはさすがにまずいやろと気付き始めました。そこで、いろんな画像編集のフリーソフトを利用してみたんですが、なかなかコレが難しい。

ちなみに、そんなどうしようもない私がどうやって画像を作成していたかと言いますと、「Sirius」の画像作成機能を使ったり、「パワポ」を利用していました(パワポは理系学生だった私の便利ツールでした)。

またセンスの問題もありますが、いろんな素材を集めてくるのもまた面倒なんですよね。そういう時にTwitterで出会ったのが、バナープラス(というか謎解き)だったのです。

この謎解きにハマってしまい、しかもCDまで貰えたもんで、ついつい購入してしまったのが2週間前でした(毎週欠かさず「相棒」と「トトリ」を見ている私は謎解きが大好きなのです)。

必要そうな人、そうでない人

私が「バナープラス」が必要そうだと思うのは次のような人です。

  • イラレ?Gimp?何それ?という人(つまり私)
  • 素材もまとまったものがほしいと思う人(つまり私)
  • よさそうなオリジナル画像を簡単に作りたい人(つまり私)

逆に必要なさそうな羨ましい人は次のような方でしょう。

  • イラレとかGimpとか完璧!
  • 素材集めも苦にならない!
  • 画像作成が得意で楽しい!

基本的に、色々なソフトを利用して画像が作成できたり、そもそも外注されているような方には必要のないものかもしれません。

私のように画像作成が苦手な方や、あまり時間を掛けたくない方にはオススメできます。

どんな感じでつくって、どんなものができるの?

バナープラスの作業画面は下のようになっています。直感的にわかりやすく、とりあえずマニュアル無しでも作業することができます。

BP-01

バナープラスでは、はじめにキャンバスのサイズや枠線、色などを設定します。次にキャンバスに入れ込む画像・素材・パーツなどを入れ込んでいきます。文字はSTEP3で入力し、最後に出力を行います。

JPEGなどの画像ファイルと共に、プロジェクトファイルも保存できるので、あとで修正することも可能です。

バナープラスは購入者用のフォーラムが充実していまして、サポートフォーラムや改善要望フォーラムのほか、オンラインマニュアルやデザイン基礎マニュアルを利用できます。

また、デザイナーさんが作成した「バナープラス用プロジェクトファイル」というサンプルのようなものがあり、それを編集して利用することができます。

下の画像はそれをもとに作成したサンプル画像です。私のセンスでは作成できない「いい感じ」の画像を簡単に作成できます。

BP-sample

最後に

2013/11/08現在、バナープラスは12,600円で販売されております。注意して頂きたいのは、この金額は1年間のライセンスだということと、この値段はキャンペーン価格ということです。

2013/12/02から14,700円に値上げされまいた。
(この費用は1年間のライセンスになりますのでご注意を!)

迷ったら買わないほうが良いとは思いますが、私のように画像作成にコンプレックスをお持ちの方や、時間をかけずにいい感じの画像を作成したい方にはおすすめできるものでした。

詳しくてわかりやすいレビューは、その内有力アフィリエイターさんたちが行うと思いますので、それを見てから購入するのもありだと思います。では。

バナープラスの詳細はこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ